単身パック 相場

単身パック料金が相場の半額に!?
↓↓↓便利な一括見積りで簡単料金チェック↓↓↓

引越し見積もり

引っ越し業者のサイトに価格が掲載されていないのは、引っ越しは諸条件(時期、曜日、荷物量、地域、道幅、荷物の大きさ)によって価格が大きく変わるためです。そのため、上記のような一括見積りサイトを使用して複数社から見積りを取り、自分の引っ越し費用を判定、相場を確認する方が非常に増えています。

単身パックを相場より安く利用できる、便利なサービスとは?

突然ですが、あなたは今までで何回「引越し」をしましたか?

 

子供の頃を含めると、1回は経験している人がほとんどではないでしょうか。

 

中には、転勤族の親の仕事の都合で、年一回ペースで引越しを繰り返していた、という人もいることと思います。

 

大人になっても、実家からの独立、同棲、結婚と、引越しのタイミングはやってきます。

 

さてそんな時、冷蔵庫やベッドといった大型の荷物から、10箱以上の段ボールまで、どうやって運びますか?

 

実家からの独立ならともかく、荷物が増えてくるとそうはいきませんよね。

 

おそらく多くの人が、専門の引越し業者に依頼することと思います。

 

引越し業者といえば、テレビCMでおなじみの「ダック引越しセンター」「アート引越センター」「アリさんマークの引越社」などが思い浮かびますが、実は引越し業者って、無数にあるんです。

 

なぜかというと、比較的参入しやすい業種だからです。しかし、だからこそ競合の多い業界でもあり、各社は常にサービスや価格で競争しています。

 

つまり、あなたの引越しを請け負うことのできる業者は数えきれないほどいて、そのサービスのクオリティや価格には差があるにもかかわらず、テレビや雑誌などの広告では、その社名すら見ることができないのです。

 

そこで利用したいのが、「引越し業者見積もりサービス」

 

内容だけ見れば、引越しというサービスは「元の住まいから引越し先へ、指定した荷物を搬出・搬入する」という単純な作業ですから、同じサービスなら安い方を選びたいもの。

 

しかも引越しをすると、何かと新しく買いそろえたり、部屋の寸法の都合で家具を買い足したりすることも多いですよね。

 

だからこそ、少しでも引越し料金を安く抑えるための見積もりサービスが便利なのです。

 

ご紹介するのは、「引越し価格ガイド」
http://a-hikkoshi.com/promo02/

 

見積もりサービスの使い方はカンタン。

 

料金は荷物の量と移動距離で変動するので、まずトップページから

 

1.現住所の郵便番号
2.引越し先の都道府県
3.引越しタイプ(単身/家族/オフィス)

 

を入力して、「スタート」ボタンをクリックします。

 

次のページでは、具体的な住所や引越し予定日を入力。
画面の案内に従って、必要事項を入力してください。

 

全て終わったら、サイトに登録している各引越し業者から個別に連絡が届きます。

 

メールで価格をお知らせしてくれるところもあれば、電話で案内してくれる会社もあります。

 

この時の対応のしかたなども、比較検討の要素になりますね。

 

このサービスの最も便利な点は、相見積もりなので「同じサービスを利用した場合、どの会社が最も安いか?」ということがわかると同時に、例えば「東京都から千葉県へ、12月中に単身で引っ越す場合」というざっくりとした条件で相場価格がわかることです。

 

このおかげで、業者から提示された価格が相場に対して高いのか安いのか、比較の基準とすることができます。

 

また、「引越しはまだ先だけど、だいたいいくらくらいなんだろう?」という時にも気軽に利用できます。

 

利用者の口コミ情報も、項目別に非常に細かく評価されており、失敗しない引越し業者選びができそうです。

 

引越しをお考えの方は、ぜひ利用されることをおススメします。

 

単身パックを頼むときは、色々と注意も必要になります。
当サイトにて事前リサーチをする際に参考にしたサイトをいくつか記載します。

 

1.引っ越し単身パックが半額.comさん
単身パックの詳細から引っ越し料金を安くするノウハウまで上手にまとめられていた良サイトです。