佐川急便 単身パック

単身パック料金が相場の半額に!?
↓↓↓便利な一括見積りで簡単料金チェック↓↓↓

引っ越し業者のサイトに価格が掲載されていないのは、引っ越しは諸条件(時期、曜日、荷物量、地域、道幅、荷物の大きさ)によって価格が大きく変わるためです。そのため、上記のような一括見積りサイトを使用して複数社から見積りを取り、自分の引っ越し費用を判定、相場を確認する方が非常に増えています。

佐川急便の単身パックを徹底調査!

 

佐川急便の単身パックを徹底調査!

佐川引越センターこと、SGムービング株式会社(2013年2月に社名を後者に変更しました)
の単身パックは

 

引越し先の間取りに合わせたパックが複数用意されているのでどのパックが自分に合っているのかを見つけやすいのが特徴です。

 

引越し先や依頼者の希望によっては女性の担当者・スタッフにすることも可能ですので女子寮などに引っ越す方にも心強い所です。

 

梱包資材の無料提供・不要になったダンボールなどの無料回収が付いているのも単身引越し者にはありがたいです。

 

 

 

佐川急便・単身パック一覧

カーゴコース

1Rの部屋へ引越す方向けのコース。

 

家具が多くない人向け。
引越し先が近いか遠いかで二通りのプランがあります。

 

 

単身カーゴプラン

専用のBOXに荷物を入れて運ぶプラン。

 

BOXの大きさは
縦145cm×横100cm×奥行75cm

 

単身AIR CARGOプラン

飛行機を使った長距離用プラン。

 

BOXの大きさは
縦149cm×横139cm×奥行142cm

 

一人暮らし用の家具が一通り入るほか、ダンボールも10個前後入れることができます。

 

 

 

引越し先の部屋規模によって変わるコース

 

佐川急便の単身パックを徹底調査!

少量コース/1部屋コース

1Kの部屋へ引越す方向けのコース。

 

荷物の量によって『少量コース』か『1部屋コース』になります。
(料金が若干変動します)

 

2部屋コース

1DK〜2Kの部屋に引越す方向けのコース。

 

3部屋コース

2DK〜3Kの部屋に引越す方向けのサービス。

 

 

『少量コース/1部屋コース』『2部屋コース』『3部屋コース』は更に3プランに別れております。
(3コースどれも同じ内容)

 

梱包をどこまで手伝って貰うか…自身の手間をどこまで減らすか…など依頼者の希望にあった物を選ぶことができるのが特徴です。
(金額は上から下にかけて下がっていきます)

 

 

まるごとおまかせプラン

小物を含めた全ての荷物の梱包〜搬入・設置をフルサポートするプラン

 

手間が一切かからないのが特徴。

 

スタンダードプラン

小物の箱詰めを依頼者が行い、大物関係の搬入・設置を頼むプラン。

 

チャータープラン

トラックのみをチャーターするプラン。

 

依頼者が荷物の梱包から搬入・設置を行うことで他の2プランよりも安い金額になりますが、

 

手間がかかるので本当にできるかを検討して選びましょう。

 

 

 

単品コース

家具を1個単位で運ぶ、お手軽なコース。

 

梱包がサービス内に入っているのが特徴。

 

引越し先に別途送ったり、実家に送ったり、第三者に譲渡する時に送ったりなど色々なケースで利用が可能です。

 

 

荷物が多い状態で佐川の単身引越しを行った結果…

 

佐川急便の単身パックを徹底調査!

佐川の単身引越しを利用しました。

 

荷物が結構多めでしたが、多めの単身引越しにも対応していますと言って下さったので安心して契約。

 

金額も多少上がりましたが、想定内かと。

 

当日はとにかく、家具の移動がスムーズでびっくりしました。

 

やはりプロだと感動しました。

 

重い荷物もスイスイという感じで荷物を動かしだしたら早かったです。

 

壁、床などに気づ付けないようにガードする作業も行き届いていました。

 

家具を持ち出す際のふわふわゴム付クッションも簡単で便利そうでした。

 

業者さんは3人ぐらいで来ましたが、そのうち2人ぐらいがプロの経験豊富な方。

 

経験豊富なリーダー的な存在の人が指示を出しつつ若い方とセットになって大きい家具などを運び出すという段取りでした。

 

若い方たちはのバイトさんのようでした。

 

今時の若者のようでしたが実は皆さんすごく働き者。

 

皆さんすごく明るく、親切、熱心でした。

 

挨拶などもとても気持ちが良かったです。

 

テキパキしていて気持ちよかったです。

 

また何かの時は頼みたいと思うような人々でした。

 

 

引越しをするときの注意事項

 

とにかく、引っ越し準備段階の箱詰めが肝心だと思います。

 

箱に引っ越し先のどの部屋に行くかというのを明記しておくと業者さんも分かりやすく仕事がはかどります。

 

引っ越し先の新しい家にどの程度の荷物を持ち込んでどこに家具を配置するか前もって考えてあったので簡単でした。

 

私の場合はキッチンはK, リビング/ダイニングはLD, 寝室はA, B, C、ガレージG, などと言う具合に書いて玄関の端から荷物を積み始めました。

 

出来たものからどんどん玄関に積んでいきましたが荷卸しもスムーズでした。

 

箱の次が大きな家具類。

 

家具組み立ての時のレンチなどをまとめて出しておくのを忘れてしまいました。

 

輸入の家具でちょっと特殊なレンチがあったので苦労しました。

 

他の普通の家具は業者さんが持っているもので間に合いました。

 

佐川急便の単身パックを徹底調査!

引越し先の選び方ですが、人が多すぎて交通が不便なところは避けて引越しをしています。

 

電車は満員、車も渋滞している…どこに行くにも待ち時間がないのでその点はいいが空気も汚いのがとにかく嫌ですね。

 

治安が悪く事件が多そうなのも怖いです。

 

遅い時間まで営業している店が多いので、生活するのに便利だが大きい荷物を買った際にさすがに電車での移動は無理なので車になるが、車通りが多いので近い距離でも時間がかかってしまうかと。

 

後は、遠くに行かなければ買い物ができないところも避けています。

 

今はまだいいですが、年を取ってから車は乗れないし病院も遠いと困るので、心配なので親にも住んで欲しくないです。