単身パック 量

単身パック料金が相場の半額に!?
↓↓↓便利な一括見積りで簡単料金チェック↓↓↓

引っ越し業者のサイトに価格が掲載されていないのは、引っ越しは諸条件(時期、曜日、荷物量、地域、道幅、荷物の大きさ)によって価格が大きく変わるためです。そのため、上記のような一括見積りサイトを使用して複数社から見積りを取り、自分の引っ越し費用を判定、相場を確認する方が非常に増えています。

単身パックで運べる量を徹底調査!

 

単身パックで運べる荷物の量は引越し業者のプランによって大きく異なります。

 

近年、様々な状況に応じたプランが作られており
荷物が極端に少ない方から、多い方までそれに応じた金額の引越しプランを選ぶことができます。

 

以下、現在確認できる単身パックの荷物の運び方(と、運べる大体の量)をまとめました。
オススメなのは程よい大きさの軽トラックタイプですがご自身の荷物の量に応じてどれが適しているか是非チェックしてみて下さい。

 

 

ダンボールのみタイプの場合

 

単身パックはどれくらいの量運べるの?

アリさんマークの引越社

ダンボール10個までの単身引越し
(サイズは縦・横・奥行きの合計が150cm以内)

 

引越し先で家具を揃える場合などに適したサービスです。

 

ダンボールのサイズに限度があるなど条件がありますので
ダンボールのみ引越しを頼む場合はあらかじめダンボールの大きさを確認しておくといいと思います。

 

 

ボックスタイプの場合

 

単身パックはどれくらいの量運べるの?

ケース1/日通の単身パックL

横108cm・奥104cm・高さ175cm

 

ケース2/クロネコヤマトの単身引越しサービス

横104cm・奥104cm・高さ170cm

 

 

縦長の専用ボックスに荷物を入れ、運んで貰う仕様です。

 

冷蔵庫は2ドア、洗濯機は4キログラムの1〜2人用のが入ります。
テレビは20〜30インチのあまり大きくない物を推奨。

 

最低限の家具を入れた後、ダンボールは5〜10個前後が入るぐらい。

 

ベッドや自転車、解体が難しい物をお持ちの場合には向かないタイプになります。

 

 

 

軽トラック

 

単身パックはどれくらいの量運べるの?

ケース1/赤帽・パネルバン

横191cm・奥132cm・高さ124m

 

ケース2/ムービングエス・小口引越し用軽トラック

横140cm・奥192cm・高さ270m

 

 

冷蔵庫は2ドア、洗濯機は4キログラムの1〜2人用を推奨。

 

横行きがとても広いのでボックスタイプよりも多くの物を積み込むことができます。

 

ワンルームで一人暮らしをしている人の荷物なら殆ど入る仕様です。
後者のムービングエスのような一部地域密着型の引越し業者は軽トラックでの引越しを行っていることが多いです。

 

 

トラック

 

単身パックはどれくらいの量運べるの?

引越しのサカイ トラックHタイプ

全長329cm・全幅139cm・全高266cm

 

 

3畳分の広さを誇る大きさなのでベッドなどを解体せず乗せることも可能です。

 

大きい家電や植物を持っていたり、荷物がどうしても多くなってしまう方にオススメ。

 

サカイのHタイプトラックは引越し先の前面道路が3m以上あることが条件とありますが、他業者の大きめなトラックも同じように引越し先の前面道路によって依頼できるか否かが変わります。
ですので、引越し先の周囲のチェックも行ってから問い合わせをすることを推奨します。

 

 

荷物の量で引越し金額が変わったケース(体験談&引越しノウハウ)

 

荷物が少なかったので割り引いて貰えました

 

単身パックはどれくらいの量運べるの?

アート引っ越しセンターで単身引っ越しを行いました。

 

荷物が多くなかったのでこれぐらい安く出来ますよと営業さんが色々教えてくれ、最終的には予定していた費用より安い金額で契約に至れました。

 

引っ越し繁忙期時期だったため、約束の時間の二時間ほど遅れてやってきましたが、あらかじめ送れるかもと言う話しは聞いていたので特に支障は出ませんでした。

 

私だけの単身の引っ越しだったので、そこまで荷物はなく、三人の方で作業をして下さいました。

 

トラックに積む係の方一人と、部屋から持ち出す係の方二人に分かれていました。

 

みるみるまに運び出されてました。30分もかかっていなかったです。

 

リーダーの方がいて、その方が指揮をとっていたので、無駄なく動いていた様子でした。

 

引っ越し先にも素早く荷物を運んで下さり、ほんとに手際が早かったように思います。

 

荷解き後の段ボールもしっかりと回収して下さいました。

 

 

引越しを効率良く行う為のノウハウ

引っ越しはすごく労力を使います。

 

実際に疲れから熱を出す話をよく聞きます。

 

しっかりと休みを取る事と、仕事が休めそうなら長期で休んだほうが後々の自分の為にもなります。

 

また、お手伝いを頼める方がいるのであれば、協力をしてもらった方がいいかとおもいます。

 

住んでからバタバタしないように、ガス、水道、電気など生活に必要最低限の手続きは事前に確認し行うのがいいと思います。

 

あれもこれもと買ったり、持っていったりしがちですが、これも、必要最低限のものだけよういしておいて、生活に慣れてきてから色々と買い足せばいいと思います。

 

引っ越し代は時期によって金額の差が激しいので、調整できるのであれば、安い時期に引っ越しをすると金銭面でも余裕ができます。

 

それと、引っ越し先の状態は噂やネットだけでなく、直接見に行ったりして合うかを検討しています。

 

治安が悪いところには住みたくないなと思っているので当てはまる地域は極力避けていますね。

 

自分たちの身の安全もそうだし、子どもが安心して外で遊べる環境ではないところだと生活が不安です。

 

凶悪事件があったというのも嫌ですが、もっと身近な騒音や不審者などの事案が多い地域には住みたくないですね。

 

また利便性が乏しすぎる地域というのも暮らしにくいなと思います。

 

近くにスーパーや薬局、病院がないだとか、電車が通ってないだとか。

 

今は徒歩圏内にすべて揃っているような場所に住んでいるので便利すぎるんですが、スーパーまで車で15分以上とかなるのはいやだなと思います。