単身パック 大手業者 料金

単身パック料金が相場の半額に!?
↓↓↓便利な一括見積りで簡単料金チェック↓↓↓

引っ越し業者のサイトに価格が掲載されていないのは、引っ越しは諸条件(時期、曜日、荷物量、地域、道幅、荷物の大きさ)によって価格が大きく変わるためです。そのため、上記のような一括見積りサイトを使用して複数社から見積りを取り、自分の引っ越し費用を判定、相場を確認する方が非常に増えています。

大手引越し業者の料金を調べてみた

 

単身パックの料金を徹底調査!大手引越し業者の料金を調べてみた。

単身引越しを控えていて、どこに頼むか迷っているけど
「しっかりした大手に頼みたい!」人は数多くいるかと思います。

 

本ページでは
大手引越し業者で単身パックを頼むと、大体どれぐらいになるのか
をリサーチした結果を掲載しております。

 

目安としてお使い下さい。

 

各大手業者が取り扱っている単身パックの名称の一部も記載しておりますので、営業さんに単身引越しの問い合わせをする時にお使いできるかと思います。

 

 

注意

 

ここに掲載しているのは通常期での依頼&オプションを一切付けていない場合の物です。

 

(主に荷物量・引越し先との距離で金額は変わります)

 

大体の最安値として、判断材料の一部としてお使い下さい。

 

 

サカイ引越しセンター

約25,000円〜
(プラン名/せつやくコース・ご一緒便コースなど)

 

SGムービング(佐川)

約30,000円〜
(プラン名/カーゴコース・1部屋コース(3プラン)など)

 

クロネコヤマト引越センター(ヤマトホームコンビニエンス)

約30,000円〜
(プラン名/単身引越しサービス・単身引越しジャストサービスなど)

 

アーク引越しセンター

約23,000円〜
(プラン名/ミニ引越しプラン・すべてお任せフルプランなど)

 

アート引越しセンター

約30,000円〜
(プラン名/基本コース・ハーフコース・レディースパックなど)

 

日本通運

約30,000円〜
(プラン名/単身パックS・単身パック当日便など)

 

ハート引越しセンター

約30,000円〜
(プラン名/スタンダードプラン・パーフェクトプランなど)

 

アリさんマークの引越社

約35,000円〜
(プラン名/超ミニ引越しプラン・ミニ引越しプランなど)

 

 

 

もっと値引きしたい方へのアドバイス

 

全体的に大手の単身パックは2万後半から…がポピュラーのようです。

 

また、荷物が多いと値段がぐんとあがるのでこの機会に荷物は少なくする方が吉です!

 

実際に単身引越しをした方の体験談を見ると、1万円台で引越し契約をした方も見かけるので

 

やり方によってはここに表示したより安価な金額で引越しが出来るかもしれません。

 

単身パックの料金を徹底調査!大手引越し業者の料金を調べてみた。

値下げ方法として王道なのが、交渉や期間限定の特別割引を使用したり、営業の方と交渉することです。

 

特に後者は成功すると、金額が数千円単位で値下げできたりします。

 

「もう少し金額を下げたい…」と思っている方は公式HPで割引キャンペーンをチェックしつつ、相見積りや値引き交渉をしてみては如何でしょうか?

 

個人的にお勧めなのは一括見積りサイトを使っての相見積りがオススメです。

 

直接交渉するより手間やストレスが少ないので引越し初心者でも使用出来ますよ。

 

 

単身引越しパック・利用インタビュー(クロネコヤマト編)

 

利用業者

クロネコヤマト引越センター(ヤマトホームコンビニエンス)

 

クロネコヤマト引越センター(ヤマトホームコンビニエンス)を使った感想を教えて下さい

 

単身パックの料金を徹底調査!大手引越し業者の料金を調べてみた。

結婚と同時に、関東から南国の土地である沖縄へ引っ越すことになりました。

 

日本本土内であれば自分達でトラックを借りて荷物を運ぶつもりでしたが、転勤先は海を渡らなければなりません。

 

普通に引っ越し業者に頼むとかなりの費用になるため、お互い結婚式前にクロネコヤマトの単身パックを利用しました。

 

当時、ひとつのカートに乗るだけのせて五万円ポッキリのプランがあったので、おねがいしました。

 

冷蔵庫や洗濯機など、大きな家電製品は現地の沖縄で揃えることにしたため、必要なのは衣装や小物だけに絞りました。

 

それでも、初めての結婚生活。

 

お気に入りのあれも持っていこう、これも…あれも…といううちにけっこうな荷物になりました。

 

気づいたらカートは満タンでしたが、クロネコのスタッフの方が「大丈夫です。せっかくだから、持っていきましょう。乗りきらなくても、持っていきたいものは責任もってお運びするので。」といってくださいました。

 

ちょっとしたことだけど、いろんなことが新しく変化するわたしにとっては緊張感がふと溶けた瞬間でした。

 

他の時でもスタッフの方は穏やかに臨機応変な態度をしてくれたので気持ちの良い引っ越しが出来たと思います。

 

もし、また引っ越す時はクロネコヤマトを最有力候補に入れたいですね。

 

 

 

単身引越しをした際、気をつけたこと・工夫したことはありますか?

 

実家にいるときから転勤があったため、結構手慣れている方だと思います。

 

誰もがやると思われる、梱包関係のことで何点か…。

 

食器は、一枚ずつ新聞紙でくるむと手間も時間もかかりすぎますし、また出すときも大変です。

 

新居でのごみも多くなりでますし。

 

それで、よほど大切にしている繊細なものでないかぎり、ラップでくるりとラッピングします。

 

そうしたものをかさねて、あとは段ボールのなかで安定するように発泡スチロールのやわらかいボールやプチプチですきまを埋めます。

 

紙皿、紙コップも多い目に購入しておき、しばらくは食器洗いなどの無駄な体力を使わないようにします。

 

一度困ったのが、カーテンレールが付いていなかったのを前もって確認しそびれており、ホームセンターにいく時間もなく取り付けられず、一晩、外から家のなかが丸見えになってないかドキドキしながら過ごしました。